忍者ブログ

one's way

個人の趣味で色々な物を触ったり、検証した内容等纏めたブログです。

【M75q-1】Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tinyを購入した話

最終更新日:2020/06/18

少し前に購入したのですが、全然弄る時間が無かったので、今更ながらの備忘録です。
購入したのはLenovo ThinkCenter M75q-1 Tinyという小型のデスクトップPC。

某所で安くて性能がそこそこ良いとの評判だったので購入してみました。
と言っても、注文は3月末で4月の中旬には到着していたのですが、冒頭の通り弄る時間が無く初期不良の確認と、簡単な検証だけ済ませた状態です・・・

とりあえず少し物理的にも弄ろうと思っているのですが、全然手が付けられていない状態なので個人的に整理した内容です。

〇本体一式

PR

【x240】Lenovo Think Pad X240のキートップの交換

最終更新日:2020/04/21

先日入手した2台のLenovo ThinkPad X240。
先月にAliexpressで交換用キーボードを注文していたのですがコロナの関係で全く到着せず・・・。

とりあえず中古のキーボードをオークションで入手してキートップを交換してみる事に・・。
ただ、x240等のキーボードは種類がいくつかあるのでキートップを外した状態から推測し注文。
到着したので2つを比較とキートップを一部してみました。
尚、今回入手したタイプは、キーボードのバックライトが無いタイプです。

○オークションで落札したキーボード
※画像は識別の為に1つのキーを外している状態の物です

上:P/N:0C02322
下:P/N:0C44742

○裏面

上:P/N:0C02322
下:P/N:0C44742
背面も違っています。

○P/N:0C02322のキートップ

パンタグラフ左右の部品の色が黒いです。

○P/N:0C44742のキートップ

こちらのパンタグラフは色が白いです。

と言う訳でとりあえず1台(I5モデル)の文字消えやテカリが酷いキートップを付け替え・・・。
ちなみにこんな感じでした。
○(参考)固体別の状態
・i5モデルの方のキーボード:0C44742(左右の部品が白い方)
・i3モデルの方のキーボード:0C02322(左右の部品が黒い方)
※ロットによって異なる可能性もあります。
 必ず、御自分の現物を確認する事を推奨します。

○交換後の状態


○交換前の状態(参考)
 
正直判り難いかもですが、”N”文字などは文字欠けがなくなっています。
(10個程交換したのですけどね・・)

まぁ、i3の方が文字消えは酷いのですが、そちらは新品のキーボードが来たらところてん方式で付け替えの予定です。
若しくは、もう1つの方も後日ポチポチ交換するかも・・。

しかし、キートップの交換は面倒になってますね。
それ以前にx230まではキーボードの交換が簡単なのに・・。

○メモ
①MODEL No:CS13X-88JP(左右の部品が黒い方)
 P/N:0C02322
 FRU:04Y0931

②MODEL No:CS13X-JPN(左右の部品が白い方)
 P/N:0C44742
 FRU:04Y0969


以上

○更新履歴
2020/04/21 初版



タグもどき:Leonovo ThinkPad X240 キーボード キートップ交換

Lenovo Think Pad X240 i5モデルの入手(20AMA0CNJP)

最終更新日:2020/04/09

2ヶ月前にThinkPad x240のi3モデルを入手したのですが、偶々i5モデルのx240(勿論ジャンク)を見かけてしまい購入した次第です。。
値段は本体のみですが送料・税込みで4000円でした。
ちなみに型番は20AMA0CNJPだったのですが、ググっても情報はありませんでした。
法人向けのモデルでしょうかね・・?




【Lenovo X240】メモリの8GB化

最終更新日:2020/02/29

先日入手したジャンクPC Lenovo ThinkPad X240の改造第1弾です。
初回はメモリー交換で、元の4GBから8GBへ換装しました。
残念ながらメモリスロットが1つしかないので16GB化は出来ないのが残念ですが、4GBの時と比べて快適になった気がします。

0.目次


1.準備物
2.換装手順
3.まとめ


1.準備物


1ー1)保守マニュアル

Lenovoユーザ御用達の保守マニュアルです。
分解手順や使用されているネジの仕様だけで無く、エラー時の切り分け方法等が確認出来て非常に便利ですので、ダウンロードしておくと良いでしょう。

[外部サイト]:Lenovo X240保守マニュアル


1-2)換装用メモリ

今回の主役です。

製品名:CFD販売 ノートPC用 メモリ PC3-12800(DDR3-1600) 8GB×1枚 1.35V対応 SO-DIMM (無期限保証)(Panram) D3N1600PS-L8G

冒頭に述べた通り、X240はスロットが1つなので今回は1枚だけ購入しました。
尚、利用されている規格はDDR-3L(PC3-12800)1.35V等の物で、当方では以前にPanasonic CF-NX4でも換装させた物と同様です。(こちらは16GB化)

○参考:PanasonicノートPC CF-NX4(CF-NX4EDHCS)本体分解方法(メモリ増設・メモリ交換等)

1-3)その他

その他必要又はあると便利な物です。

・プラスドライバー(#0,#1)
・マイナスドライバー
 →ツメ等を外す際に使用出来ます
・クリーニングクロス
 →本体を保護する為に使用します。


2.換装手順


手順は先程の保守マニュアルの66~71ページに書かれている通り実施するだけです。

保守マニュアルにも書かれている事もありますが、ポイントとしては、次の通りです。

○ポイント
・内蔵バッテリーが装着されている場合、BIOSからOFFにする
・背面の筐体を留めているネジは外れない(ストッパーが付いている)
・開ける際は横から攻める

と言う訳で、サクっと8GB化は終了しました。

○8GBへ交換した際の様子


○参考(元の4GBのメモリ)
※Samsing製でした。



○換装後の様子



3.まとめ


筐体の空け方が昔と比べて面倒になっています。(ツメのせいで・・・)
焦ってやると、筐体の一部を割ってしまう可能性もありますので慎重にしましょう。
(まぁ、当方の固体は元々割れている部分があったので気にしませんでしたが・・・)

以上

○更新履歴
2020/02/29 初版




タグもどき: Lenovo ThinkPad X240 メモリ増設 解説 分解
  • 忍者ブログ[PR]
  • ©one's way