忍者ブログ

one's way

個人の趣味で色々な物を触ったり、検証した内容等纏めたブログです。

PayPal登録手順

海外通販利用時の支払い方法は幾つかありますが、今のところ最も安全とされるPayPal(ペイパル)への登録手順を纏めました。
※この情報は2017/05/21現在の手順・及び情報です。
※2017/05/21 誤字を修正しました。
※2017/06/25 情報を追加しました。
 アカウントの種類はプレミアの方が良いです。
 何故なら送料を返金させる場合には、プレミアでないと処理出来ないようです。
 

0.目次



1.PayPalとは


オンライン決済サービスの1つで、海外通販等を利用する際に良く利用されるサービスです。



2.PayPal利用のメリット・デメリット



PayPalのメリット・デメリットは次の通りです。
○メリット
 ・代金支払い時にクレジットカード情報を通販会社に伝えない
  →通販会社にカード情報を悪用されるリスクが無い
 ・商品不達や不良時等のトラブルが発生した際に手続きする事により、支払いの停止等が出来る。
  →異議申し立てをする等

○デメリット
 ・PayPal利用手数料が掛かる(4%前後)
  →利用方法やクレジットカードにより、異なる場合あり
 ・決済時の為替レート反映が少し遅い
 ・PayPal自体に不正アクセスされた場合に悪用される可能性がある。
  (過去に実際あったようです。)

メリットとデメリットを比較すると、海外通販でのトラブルは良くあるので、保険と思えば良いと思いますので、利用した方が良いと思います。
但し、不正アクセスの対策として、使用する時のみクレジットカード情報を毎回、登録/削除した方が良いと思います。(個人の感想ですが、私は国内での通販でも同じようにしています。)
手間はありますが、カードを不正利用されるよりかは安全と思います。

又、PayPalアカウントは、海外通販初利用時でも作成出来ますが、英語画面での入力や問題が有った際に面倒ですので、先に作成しておくと便利です。
実際、私が先日海外通販を利用しようとした際に、同時にPayPalの登録をしようとしたのですが、エラーとなって処理出来ませんでした。
(後日、システムの不具合と反映)
確定画面までは行っていませんでしたが、この様なトラブルがあると、処理されているか否かで心配になります。

3.PayPalアカウント作成手順


1)PayPalのサイトに行きます。
https://www.paypal.com/
(リンクを貼りましたが、心配な人は検索でPayPalを探して下さい。)

2)「新規登録はこちら」をクリックします。


3)「パーソナルアカウント」が選択されている事を確認して、「続行」をクリックします。

※ビジネスアカウントは企業向け(個人事業含む)で、身分証明書が必要になります。


4)国が日本である事を確認後、メールアドレスとパスワードを入れ、「次へ」をクリックします。


5)姓名(ローマ字)(身分証明書と同じの方が良いです 例:免許書が漢字なら漢字)・生年月日・住所・電話番号等必要な情報を入力します。
 入力後、規約等に同意のチェックを入れた後、「同意してアカウントを開始」をクリックします。

※2017/06/25 情報追記
 この記事で紹介している方法はパーソナルアカウント(支払い専用)での作成方法です。
 この手順の後、不良品を返した送料の返金を受ける場合等はプレミアアカウントにする必要があります。
 その際に、身分証明書の提出が必要となりますが、その身分証明書と登録名が違うとアカウントのアップグレードに支障が出るそうです。
 その為、合わせておいた方が良いでしょう。




6)カード情報を入力する画面が表示されますが、ここでは、下の「後で実行する」をクリックします。


7)再度確認画面が表示されますので、「後で登録する」をクリックします。
 
8)アカウントが登録されたメッセージが表示されますので、下にある、「アカウントに進む」をクリックします。


9)ログイン時の初期画面になりますので、「メールアドレスを確認」をクリックします。


10)メールの確認画面が表示されますので、メールアドレスが正しい事を確認後、「メールの送信」をクリックします。


11)「メールが送信されました」と表示されますので、メールを確認します。


12)メールが到着していると、以下の様なメールがあります。
「メールアドレスを確認」をクリックします。
※)画像はgmailで確認したものです。

13)先程の「メールの確認」画面から、パスワード入力画面に変っていますので、メールアドレスを確認後、「パスワード」を入力し、「メールアドレスを確認」をクリックします。


14)ログインが成功すると、ログイン後の画面になります。
※(2017/05/21現在)画面の移動が正常にされていないようです。
 もし、この画面が表示されたら、左上の「PaiPal」をクリックします。


15)日本語ページに移動しますので、右上にある「マイペイパル」をクリックします。


16)ログイン時の初期画面になりますので、「メールアドレス確認済み」である事を確認します。


ユーザ登録はここまでです。
クレジットカード情報の登録をする場合は、引き続き次の手順を実施します。
登録しない場合はこれで終了です。

4.クレジットカード情報の登録


1)ログイン時の初期画面から、左から3番目のカードの登録(オプション)をクリックします。
※blog容量の関係で画像を使いまわししております。


2) カードの登録画面になりますので、必要情報を入力後、「保存」をクリックします。


3)ウォレット画面になりますので、クレジットカード情報が登録されている事を確認します。
※登録されると、カード番号の下4桁と、カードの種類(マーク)が表示されます。


備考)クレジットカードを登録すると、登録メールアドレスにその情報が届きます。


5.クレジットカード情報の削除


※クレジットカード情報を削除しても、確定した情報は消えません。
※2017/06/25 情報追記
この手順を行うと、再登録の度に200円の引き落としと返金が登録したクレジットカードにされます。

1)ログイン時の初期画面から、左から3番目のカードの登録(オプション)をクリックします。
※アイコンは異なる場合があります。
※blog容量の関係で画像を使いまわししております。


2)ウォレット画面になりますので、削除したいクレジットカード情報のアイコンをクリックします。


3)カードの詳細情報が表示されますので、「編集」をクリックします。


4)カードの詳細情報編集画面になりますので、「カードを削除」をクリックします。

 

5)確認画面が表示されますので、「削除」を選択します。


6)カード情報が削除された事を確認します。



備考)クレジットカードを削除すると、登録メールアドレスにその情報が届きます。


6.Paypalアカウントについて


※2017/06/25 情報追記

文中にも記載しましたが、Paypalには3種類のアカウントがあります。
1.パーソナル(本人確認不要)
2.プレミア(本人確認必要)
3.ビジネス(本人確認必要)

1と2の違いは、本人確認書類の提出有無と、支払いだけで無く受取も可能な点です。
ここで注意点なのが、本体代金だけなら1のパーソナルでも問題ありません。
しかし、送料等も返金される場合は、受取の為、プレミアである必要があります。

私は当初、本人確認不要なパーソナルアカウントで作成しましたが、それで送料が返金されずに罠にはまったので・・・

海外通販で利用する場合は、忘れずにプレミアアカウントにしておきましょう!


以上


タグもどき:PayPal ペイパル 登録手順 アカウント作成
パーソナル
プレミア

PR


  • 忍者ブログ[PR]
  • ©one's way