忍者ブログ

one's way

個人の趣味で色々な物を触ったり、検証した内容等纏めたブログです。

カメラグリップにもなるミニテーブルポッド(WT0117BK)

最終更新日:2017/12/14

相変わらずアクションカメラはないのですが、ビデオカメラやデジカメでも使えそうな小物を購入してみました。
購入先はamazonで、商品名は「METRIX 卓上三脚/ミニ三脚 カメラグリップにもなる 小型 軽量 ミニテーブルポッド ブラック WT0117BK」です。

0.目次



1.経緯


amazonで色々安いものを購入してみてました。
対象は各種カメラ(ビデオ・デジカメ・アクションカメラ)アクセサリや、PCがらみのものです。
計7点購入しているのですが、まず到着した3商品の中の1点目のレビューです。

2.解説


商品名は冒頭にもありますが、「METRIX 卓上三脚/ミニ三脚 カメラグリップにもなる 小型 軽量 ミニテーブルポッド ブラック WT0117BK」で、amazonで購入しました。

商品は中国からの発送の為、到着までは日数が掛かりました。
(今回は11日でした。)

今回、同じ会社から3種類購入したので、纏めて梱包されており、梱包は薄めの緩衝材(中はプチプチ)で梱包されており、到着当初は大丈夫かと思いましたが問題ありませんでした。


該当商品のみ開封した状態(折りたたんだ)です。
大きさは長さ16.5cm、縦8cmです。


グリップを伸ばすには、真ん中部分の○の部分を押しながらカメラ接続部分を回します。


グリップを伸ばした状態です。
角度は約10度単位で調整でき、最大120度稼動します。(収納から全開まで)


三脚上にするには、ガングリップ部の後ろ部分の部品を左右に上げる感じで開きます。
(画像は少し開いたところです。)

 
三脚の形状にして、上部からの画像です。
上部(カメラとの設置部)にはゴム(固め)の他、カメラ用ネジ(1/4インチ)と、回転防止の突起があります。
(突起部分は少し硬いですが、バネ上になっているので押せばへこみます。)

1)ビデオカメラでの装着例

ビデオカメラでの装着例です。
Sony PJ-630 +ロングバッテリ+α(保護レンズ等)で重量は約540gですが、安定していますし、重さで壊れそうな感じもありません。
ただガングリップなのですが、先ほどの回転防止の突起の位置をビデオの穴に合わせるとこの向きになります。(この機種の場合)
ですので、銃のようなもち方をするには突起を無視するしかないと思います。


テーブルポッドでの状態です。
グリップ部分の足を前に出し、土台部分の角度を変えるとこんな感じになります。
この画像では、前(左右)の足が半分ずつなので耐久度に少し不安がないとは100%いえませんが、重いものでなければ大丈夫そうです。
後は、台座の角度が10度単位でしか調整出来ないので、(前後左右)の細かい微調整は出来ません。
前後であれば、足の部分に何か挟めば多少は可能と思います。


このポッドの非常に良い点は、ネジ部分にネジ穴(1/4インチ)がある事です。


ここに更に三脚等を付けることが出来ます。

2)中華アクションカメラでの装着例

中華アクションカメラ(Apeman A80)での装着例です。

形状から回転防止の突起は利用出来ませんが、装着した感じです。


横からの状態


グリップ時の例


長時間固定撮影時の例(タイムラプス時等)
モバイルバッテリー(Anker Astro M3 13000mAh モバイルバッテリー)による給電とレンズプロテクターを装着


3.評価



○良い点
・安い
・思ったより頑丈
・多少の重さがあっても大丈夫そう(個人の感想です。)

○悪い点
・角度の微調整が出来ない
・回転防止突起の位置が悪い(逆か、へこみが柔らかければ良かった)

4.総評



この商品単体での細かい角度調整は出来ませんが、値段を考えるとコストパフォーマンスは非常に良いと思います。

後は耐久度ですが、それについては今後使用してレポートしたいと思います。

2017/08/01追加
購入後、ビデオカメラ(Sony PJ-630)及び、中華アクションカメラ(Apeman A80)で使用しましたが、今のところ問題ありません。
細かい微調整が出来ないのが非常に残念ですが、ちょっとした時に利用出来るので便利です。

以上
 

更新履歴:
2017/08/01 情報追加(中華アクションカメラでの使用例及び経過を記載)
2017/12/14 タグの更新、目次のリンク追加

タグもどき:ガシェット クリップ カメラアクセサリ
PR


  • 忍者ブログ[PR]
  • ©one's way