忍者ブログ

one's way

個人の趣味で色々な物を触ったり、検証した内容等纏めたブログです。

Lenovo X220/X230用UltraBase3を入手

最終更新日:2019/06/15

今更なのですが、以前より欲しかったX220のUltra Baseを入手しました。

合わせてX200のUltra Baseで使用していたDVDドライブやHDDアダプター等を使用してベンチマークを走らせてみた内容です。





0.目次


1.仕様
2.検証
2-1)X200シリーズのドライブ等の使用について
2-2)DISKの転送速度について
3.まとめ


1.仕様


まずはLenovo x220/230シリーズ用UltraBase3の仕様です。

○概要
製品名 ThinkPad Ultrabase Series 3
P/N 0B67692
対応機種 X220, X220i, X230, X230i,X220t, X230t (Tablet)

○端子
 ・LAN(RJ45)x1
 ・マイク/スピーカ用端子x各1
 ・USB2.0x4
 ・VGA端子x1
 ・Display Port x1 
 ・電源
 ・スピーカ(ステレオ)

○その他
 ・ウルトラベイ・スリム・デバイスx1(スワップ可能)

製品の用途としては、外部デバイス(モニター/キーボード/マウス等やDVD・DISKドライブ等)の脱着を一気に行う為の物ですね。


○UltraBase3の上面


○UltraBase3の底面



○X200用UltraBaseとの比較



尚、当方も今一判っていなかったのですが、似たような製品が幾つかあります。

○類似製品
 ・ThinkPadX220X220X220UltraBase3(本製品)
 ・ThinkPad PortReplicator Series3
 ・ThinkPad Mini Dock Series3
 ・ThinkPad Mini Dock Plus Series3

違いは端子や機能の模様ですので、用途に合わせて選ぶのが良いと思います。

○参考(製品別一覧)
UltraBase Port RepliCator MiniDock MiniDock Plus
型番 4336xxx 4337xxx 4338xxx
LAN 1 1 1 1
DisplayPort 1 1 2
VGA 1 1 1 1
DVI 1 2
Audio Out/In 各1 1
USB(2.0) 4 4 6 6
スピーカ ○(ステレオ)
備考

※製品時期により異なる場合があります)
又、製品の時期によりUSB3.0端子がある物もありますので、購入前に確認した方が良さそうです。


○参考(Lenovo情報)
 ・[外部サイト]ThinkPadX220およびX220iハードウェア保守マニュアル
  ※P109以降に各製品の説明があります。

 ・[外部サイト]ドック, ポートリプリケーター, ウルトラベース - リファレンスガイド

 

2.検証


次はいくつかの実験です。

2-1)X200シリーズのドライブ等の使用について

X200シリーズの資産(DVDドライブやデバイス)が利用出来るか試してみました。

○対象
・X200用セキュリティキー
・DVDドライブ
・セカンドHDDアダプター
 ※セカンドHDDアダプターは3rd Party製です

○検証対象例



○結果
・セキュリティキー:キーNoが違うのか、流石にだめでした。
 ○出来れば、鍵を交換してみたいですが高そうなので参考までに・・・
  [外部サイト]ThinkPad ドックのセキュリティキーの交換
・DVDドライブ:問題なし
・セカンドHDDアダプター:問題なし
 と言う事で問題なく利用出来ました。

2-2)DISKの転送速度について

セカンドHDDアダプターを使用した際のDISKの転送速度についてです。
X200の場合、制限でSATA1までだったのですが、X220+UltraBaseの場合はどうか確認しました。

○条件
※DISKには以下の機器等使用
・セカンドHDDアダプター
・SSD(SANDISK mSATA SDMSATA-256G)
・玄人志向 セレクトシリーズ mSATA SSD SATA変換アダプター KRHK-MSATA/S7
・SanDisk SSD Dashboard 2.3.3.0
・CrystalDiskMark 5.2.1 x64(50Mib/1Gibでの測定結果)

○セカンドHDDアダプターにSSD(mSATA変換アダプター)を装着した例


○結果
①SanDisk SSD Dashboardでの確認
 →SATA3(6.0Gb/s)接続を確認しました。

 ○SanDisk SSD Dashboardの結果
 

②CrystalDiskMarkでのベンチマーク結果
 →SeqR/Wで480~500MB/sの速度が出ているのでSATA3での速度でした

 ○CrystalDiskMarkの結果
 


3.まとめ


用途次第でしょうが、持っていても損は無いと思います。
実験環境(DB等でDISKを物理的に分けたい場合)やデータの退避にも便利です。
ただ、出来る事ならUSB3.0端子が欲しいところでしたがね。。
後は、シリーズ毎で使えなくなるのが悲しいです。。

○更新履歴
2019/06/15 初版


以上


タグもどき:x220 UltraBase Bench Mark
PR


  • 忍者ブログ[PR]
  • ©one's way